毛豆は、青森県の地元農家に代々伝わる枝豆です。
通常見る枝豆との最大の違いは、さやに生える茶色の「毛」です。 青森の厳しい風土の下で代を重ねることで育まれたこの枝豆。
濃厚にして繊細な風味は、「究極の枝豆」の名にふさわしいものです。

毛豆近日発売開始

青森県津軽地方の幻の枝豆在来種「毛豆」

「毛豆」は青森県の津軽地方を中心に代々農家で受け継がれる枝豆の在来種です。
毛豆のルーツには謎も多いのですが、味の良さから長年親しまれています。 今では青森のブランドとうもろこし「嶽きみ」とともに津軽地方の秋の風物詩となっています。
毛豆は栽培する各農家によって味は異なりますが、鞘には茶色の剛毛が生えていて、豆は濃厚なで栗のような味が特徴とされています。 毛豆ドットコムでは「毛豆」のルーツを探求するとともに毛豆のブランド化を目的としています。

さや表面の茶色い繊毛が毛豆の特徴

青森毛豆最新情報

ページの上部に戻る

携帯サイトからも購入できます。